ミスズアグリは
農業生産法人として地域と向き合い、
里山の未来のために私たちにできることを
追求し続けています。

※里山の定義について:
里山とは一般的に人々の暮らしと密接に結びついた山林をさしますが、
わたしたちミスズアグリでは山林とその周辺の農地・集落を含め、
広く里山と表現しています。

※里山の定義について:
里山とは一般的に人々の暮らしと密接に結びついた山林をさしますが、わたしたちミスズアグリでは山林とその周辺の農地・集落を含め、広く里山と表現しています。

ミスズアグリはパートナー企業であるミスズライフと連携して、自社開発のボカシ堆肥(商品名キングコング)を活用した有機減農薬農業を行なっています。長野県信濃町・栄村・新潟県津南町の信越地域・石川県穴水町・長崎県西海市の、およそ30ヘクタールの農地で循環型の農業を展開しています。
里山の大地を有機微生物の力で蘇らせ、里山の農地から本当においしい野菜を新鮮なままお客様にお届けすることで、日本の食卓をより豊かにする。そしてそれが、私たちが住む里山と集落を再生する道だと信じています。

ミスズアグリの強み
きのこ生産からうまれた
「ぼかし堆肥」

わたしたちミスズアグリは、全国でカットブナシメジ生産を展開するミスズライフのパートナー企業です。ミスズライフのきのこ生産後の培地や石突き部分をぼかし堆肥に作り替える技術を開発し、土作りから始まる農業を展開しています。

ミスズライフのブナシメジ工場は長野新潟両県を中心に、石川県穴水町・長崎県西海市と、3つの地域で展開し、私たちミスズアグリのぼかし堆肥センター(アグリセンター)もきのこ工場周辺の全国3拠点で稼働しています。ぼかし堆肥生産は、きのこ生産過程で大量に発生する使用済み培地に、有用微生物からなる「種」を混合し、空気を送りながら温度調整をする独自の培養技術によって70度以上の高温で発酵させるものです。

化学肥料を使わず、このぼかし堆肥によって土づくりをすると、土中の微生物が圧倒的に増えます。野菜の根は土からの栄養素をより多く吸収することができ、野菜本来の味を濃厚に持つ作物を育てることができるのです。それぞれのアグリセンターで生産されたぼかし堆肥(商品名キングコング)は、各地域の自社農場や近隣の農家さんに運ばれ、おいしい農作物を育てる上で欠かせない、微生物いっぱいの健康な土づくりに活用されています。ミスズアグリはこのようなぼかし堆肥を安定的に供給できることを強みとして、健康的でおいしい農作物をつくる様々な農業に積極的にチャレンジしています。

地域とむすびついた
循環型農業

わたしたちが最初にぼかし堆肥施設の試験棟をスタートさせたのは2009年。同時にハウスでのベビーリーフ栽培、路地ではソバの栽培、トウモロコシ、トマト、ズッキーニ等の夏野菜の生産を開始しました。

とりわけベビーリーフは、栽培期間が短いこともあり、減農薬での栽培が可能となっています。このベビーリーフ栽培は、生産開始以降の10年間、年間10回転の栽培をぼかし堆肥のみで続けています。この間も連作障害は起こらず、土壌が日々改良されていることが確認されています。ミスズアグリのベビーリーフは安心安全な生産方法と、その食味について「やわらかくおいしい」「野菜の味が濃い」と評価をいただき、順調に生産を伸ばしています。

また2018年現在では、ベビーリーフの他に、それぞれの地域の気候風土にあった野菜の生産に取り組んでいます。長崎県西海市では、地域の協力をいただき、ミスズアグリのブランドトマト「西海の恵み」を生産、市場に送り出すことができました。また石川県穴水町では伝統野菜の復活を担う地元の方々とともに、「伝統野菜のベビーリーフ」実現に向けて取り組んでいます。そのほかにも、信州、能登、西海それぞれの気候風土にあった露地野菜の栽培を行っています。

ミスズアグリの農場

  • 長野県 信濃町農場
  • 新潟県 津南町農場
  • 石川県 能登農場
  • 長崎県 西海農場

ミスズアグリの直営店

  • 一粒万平
  • 一粒西海
  • 一粒新宿
  • GREEN HOUSE

わたしたちが目指すもの
都市のパートナーとしての、
里山の再生

こうした里山での農業の取り組みを通じて、私たちは今、里山の疲弊に対する危機感と、再生への可能性の両方を感じています。

生産者の高齢化による後継者不足や耕作放棄地の増加は、どの農村でも切迫しています。しかしそれぞれの地域で、おいしい安全な農作物を生み出し、それを都市の生活者に届けることによって、都市の対等なパートナーとして、里山を再生できるのではないかと考えています。この里山に美しい水田や緑の畑がよみがえり、子供たちの笑い声が聞こえる、そんな未来を作っていきたいと願っています。

Farm to Table
畑から食卓へ
野菜を食べて地域を育てる

ミスズアグリの「あぐりのたより」は、里山と都市のキッチンを直接結ぶプロジェクトです。

ここでは私たちは生産者かつ販売者であり、さらに、野菜を購入してくださるお客様に直接野菜を届ける、物流までを行います。Farm to Table-畑から生産者が直接届ける理想の形です。これによって配送経費が軽減されるだけでなく、私たちはお客様の顔を見ながら配達を行うことで、お客様の声を直接生産の現場に反映させることができます。そしてなにより、愛情込めて育てた我が子のような農産物を直接お客様にお届けすることで、生産者の「こころ」も一緒にお届けしたいと願っています。

またお客様にも、私たちの里山を再生したいという理想に共感していただき、今日この野菜を食べることが里山地域を育て支えることにつながっているのだと、実感していただきたいと願っています。

この取り組みは消費地と産地とのマッチングができて初めて実現する試みです。申し訳ありませんが当面の間、直接配達を行うのは限定地域(東京都国立市・立川市・国分寺市)のみとなります。限定地域以外には宅急便でのお届けとなります。「定期宅配セット」では、安心安全な採れたて野菜、生産者の顔のわかる野菜、また地元でも人気の高いフルーツや季節の旬野菜等、おすすめの農作物のセットをお届けいたします。またそれぞれの野菜の生産者から、おいしい時期、おすすめの品種、おいしい召し上がり方等をあわせてお知らせします。

また「おためしセット」「個別商品&ギフト対応のセット」もございます。詳しい商品の内容、お届けの方法は、『ご利用案内』のページをご覧ください。

お知らせNEWS

グリーンアスパラお届け開始します。
2019.05.06春~初夏の野菜の代表的な品種のグリーンアスパラ。今週から取り扱いを開始いたします。6月下旬頃迄の期間限定商品となりますので、ご希望の方は早めの申し込みをお願いします。
個別商品に新商品UPしました
2019.03.04西海市産トマト『西海の恵み』と、西海市産伊予柑の2品目取り扱い開始しました。詳しくは商品一覧からご覧下さい。
長崎県西海市産みかんの第2弾注文受付開始します!
2019.01.07おまたせしました!長崎県産みかんのご注文受付第2弾を開始します!品種はさせぼ温州です。ぜひ商品一覧からご覧ください!

一覧を見る

よくあるご質問FAQ

Q:配達日を変更したいです。
A. 配達日の変更はお届け予定日の6日前までにメールまたは電話でご連絡ください。
Q:受け取りの曜日の指定はできますか?
A. 定期便・おためし便は現状木曜日のお届けとさせていただいております。その他の商品はご入金の確認後、準備が整い次第、発送いたします。
Q:定期便はその都度注文しなければいけませんか?
A. 1回注文いただければ大丈夫です。特に変更のご連絡がない場合は、最初にお選びいただいた頻度でお届けを継続します。

一覧を見る

GUIDEお買い物ガイド

  • お支払い方法
    クレジットカード
    VISA、Master、ダイナーズ、アメックス、JCBの各カードがご利用いただけます。
    代金引換
    商品お届時に商品と引き換えにお支払い下さい。
    代金引換手数料はお客様負担となります。
    銀行振込(前払い)
    振込み手数料はお客様負担となります。
    ご入金確認後の発送とさせていただきます。
    コンビニ決済
    お取扱い可能なコンビニは下記のとおりです。
    ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ
  • 配送について
    配送会社について
    限定地域:ミスズアグリ自社便
    限定地域以外:ヤマト運輸
    ※個別商品・ギフトセットはすべてヤマト運輸でお届けします。
    配送料について
    ミスズアグリ自社便:一律300円
    ヤマト運輸:地域によって異なります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 返品について
    生鮮食品につき、原則として交換または返品はご遠慮いただいております。
    下記の場合のみ、到着よりお届け当日~翌日午前中にご連絡いただいたものに対し、交換・返品の受付をいたします。
    ・ ケースの破損等弊社に原因のある不良商品
    ・ ご注文とは異なる商品が到着した
    該当商品の返送及び再送に要する送料等については、弊社が負担するものといたします。

株式会社ミスズアグリ

長野県上高井郡小布施町大字小布施1912
TEL : 026-214-2636

2018 copyright Misuzu-Aguri. all rights reserved.